スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

PCCSはカラーコーディネーターの親元!?

カラーコーディネーターを学ぶ上で使われているPCCS。カラーコーディネーターの試験勉強を
している人は聞いた事があるのではないでしょうか。
PCCSとは、”Practical Color Co-ordinate System”の略語で、財団法人日本色彩研究所が
開発した国産表色系の事です。
日本名では「日本色系配色体系」と言われています。
何だか難しいイメージがしてしまいますね。

色相環は赤・黄・緑・青の心理の四原色を始めとする全部で24の色相を使います。
また、色相・明度・彩度を使いトーンで色彩調和を求めるそうです。
このPCCSを日本では多くの会社が利用していて試験でも必ず問題になります。


さて、PCCSを開発した財団法人日本色彩研究所とはどういった機関なんでしょうか。
日本色彩研究所は遡るところ80年も前に設立された民間学術研究機関で、日本で唯一の
公益法人としての色彩の研究所です。

色彩に関する基礎研究はもちろんのこと、色彩活用をどう活用するかを考えたり、色彩に関する
様々な情報に答える為に活動を行っているそうです。
一般の方向けにセミナーも行っているようですよ。色の面白さを体験できるように
子供達にも色彩関連を題材としたテーマで色々な活動をしています。
その他にも開発した商品を販売するなど気付かないところで社会的な活動を行っている
団体が日本色彩研究所なのです。

このように色彩研究所がPCCSのような素晴らしい商品を開発しているお陰で、カラーへの
関心が高まり、多くのカラーコーディネーターが色彩に関する仕事の場で活躍している
わけです。

企業にとって色彩とは消費者の購買意欲を高めるために商品開発において
重要なファクターとなります。
色彩が求められる商品はどんなものが考えられるでしょうか?

パッと思いつくのはファッションですよね。その年の流行のカラーがあるほど
色に関しては敏感なファッション業界です。
その他にもインテリア・自動車・家電・建築など様々なものに色が関係している事が
分かります。
建築の場合など、周囲の環境との調和も大事になりますからね。

そう言えば、その奇抜な家が問題となった楳図かずおの住居問題は
どうなったんでしょうね??

個人に当てはめればパーソナルカラーと言う言葉があるくらい色は
私達の生活に密接な関わりがある事が分かります。


スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

カラーコーディネーターの試験について

資格ブーム・検定ブームが巻き起こっています。テレビや新聞を見ていると
時々、ユニークな検定を特集したりしています。
何で資格や検定がブームになっているのかと言えば、一つは従来通りのスキルアップの
為でしょうね。PCスキルとか英語検定は就職や転職に必須だったり、重要なアピールポイントに
なりますから。

もう一つは趣味の延長線上に検定があるようです。そこには評価されたい、他人と比べたい、
といった心理が働いているのではないでしょうか。せっかく培った知識ですからどのくらい
のものだろうか?と知りたいのは人間らしい気がします。

昨年の11月、「第一回歌舞伎検定」なるものが行われました。受験者数は10歳から88歳までの
1699人、そのうち1600人が4級に合格したそうです。

この歌舞伎検定は歌舞伎の歴史や演目、俳優などについての知識が出題されます。
検定初年度となった昨年の検定は4級のみの試験を実施したようです。
試験はマークシート形式の4社択一で、1時間の試験時間の中で80問出題されます。

一問1点の80点満点で合格の目安は7割の56点です。今回の平均点は71.1点とかなり高く、
合格率も9割以上に達しました。
何だ簡単なの?と思われるかもしれませんが、出題された問題を見ればその難易度が分かると
思いますよ(笑)

出題例)「曽根崎心中」の主人公二人の名は?

?おさん、茂兵衛 ?お染、久松 ?お初、徳兵衛 ?お軽、勘平

どうですか?熱心な受験者が多かったようです。
日本の伝統芸能である歌舞伎ですが、これだけの受験者が第一回目にいたのには
驚きでした。
こういう検定があると腕試しをしたくなるのが本能でしょう。歌舞伎の楽しみ方が増えるような
きがします。



過去3回ほどカラーコーディネーターについて書いてきましたが、具体的な試験内容に
言及していませんでしたね。
カラーコーディネーターには、日本語で「色の調整者」と言う意味があります。カラーコーディネーターは
色彩の調整をする専門家です。
今回はカラーコーディネーターの試験について簡単に説明したと思います。


カラーコーディネーターは、毎日身近に触れている色を美しくしたり、美味しくしたり
表現してくれるお仕事です。
試験は、3級から1級試験まであり、年に2回実施されます。試験内容には、
3級は色の性質や色の心理など色の基礎知識を学びます。
そしてそれに伴った応用力が試験に出題されます。
合格すると「アシスタント・カラーコーディネーター」の名が貰えます。

2級の試験は、3級の範囲に加え「カラーコーディネーションの意義」・「色彩の歴史的発展と現状」など
2級の応用力を学びます。
この合格すると「2級カラーコーディネーター」の名が貰えるそうです。


最後にカラーコーディネーターの最も難しい試験の1級は、3つの分野の中から一つを選択します。
3つの分野は、「ファッション色彩」 ・「商品色彩」 ・「環境色彩」 などから選びます。
例えば「ファッション色彩」だと3級、2級の範囲と「ファッション色彩」の応用力を含めた問題が
試験に出題されます。
この1級検定に合格すると、「1級カラーコーディネーター『ファッション色彩』」の
名が貰えます。
ご覧のように1級は専門性がかなり深まります。ですから、あなたが就きたいと考えている
仕事をふまえて試験を受験した方が良いでしょう。

この検定に合格した人達は、お客さんに合った色をアドバイスしたり、 新商品などの開発で色彩を
提案するお仕事に付いている人もいます。
日本を始め世界中色彩に溢れているので色々な場所で活躍しそうな称号ではないでしょうか。


でも、資格を得てからが本当の勝負です。培ってきた知識と感性を活かして自分ブランドの
カラーコーディネータになって頂きたいと思います。

私達が生きているこの世の中には、赤や青などの多くの色に溢れています。
例えば信号の赤・青・黄色は、買い物など外出すると必ず見かける物ですよね。


それだけ「色」というのは当たり前のように生活空間に溶け込んでいるのです。
この色をどう表現するのか、これこそカラーコーディネーターの醍醐味ではないでしょうか。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

パーソナルカラーが大事な時代。

記事のカテゴリーはカラーコーディネーターになっていますが、
今回はカラーコーディネーターに関連のあるパーソナルカラーについて
書きたいと思います。
人にはそれぞれパーソナル(個人)なカラー(色)が
あり、それに気付いていなくて損をしている人が意外と多いんですよ。

パーソナルカラーを個性として捉えてみると、
個性を光らせるのも曇らせるのもカラーに多く影響されるわけです。

カラーコーディネーター試験を勉強しようと思ったことがある人なら、
パーソナルカラーと言う言葉を耳にした事はありませんか。
もちろんカラーコーディネーターの試験勉強を現在行っている人は
必ず目にしたり、耳にしたり、あるいはパーソナルカラーを極めたいと
思っている人もいるかと思います。


1人1人が持っている色を分析し、その人に合った
カラーをコーディネートしていくお仕事がパーソナルカラーリストです。

個性が叫ばれる時代ですから、中には人は見た目ではないと言う人もいますが、
第一印象はとても大切です。
ある心理学の研究によると人の印象というのは、初対面の印象を
引きずる、と聞きました。
初対面の印象が悪いと、それを覆すのは大変だとういことです。

そう言えば、人は見た目が9割なんて
本もベストセラーになりましたよね。


初対面の人と合う時に、相手が好印象か悪印象か判断する時、
私たち人間は第一印象を、まず顔や仕種、服装などを見て決まると
言われています。
ここで重要なのはじっくり見て判断するのではなく、一瞬の
インスピレーションで相手を判断してしまうということです。

ですから、第一印象で好印象を持ってもらうために
その人に合った色をコーディネートする必要があるのです。


パーソナルカラーリストがどうやってその人に合った色を決めるのか。
パーソナルカラーを決める場合には、身体の色にある
色相や明度・彩度などを見ます。
色相とは、例えば、日本人は一般的に黒い髪に黒い瞳と言われますが、
同じ黒い瞳でもよ?く見てみると微妙に色が違っていることに
気付くと思います。


その色相に加え明るさを見る明度や色味の強さ、
見る彩度などを合わせて個人に合った
カラーをコーディネートをしていきます。


本人も驚くほどに色を変えただけで印象が変ります。
冒頭にも触れましたが、個性が叫ばれれば叫ばれるほど
見た目が重要になってきます。

パーソナルカラーリストの役割はその人に最適な
色を提案するお仕事なのでとてもやりがいがあるのでは
ないでしょうか。


カラーコーディネーターの試験を、受験する時にも重要な
問題なので必ず勉強するようにしましょう。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

生活に役立つカラーコーディネートの知識

前回のカラーコーディネートの記事では主に
仕事に役立つことを紹介しましたが、今回は
別の視点からカラーコーディネータについて紹介したいと思います。

カラーコーディネーター試験の勉強をしていると、
仕事だけではなく日常の生活にも色を活かした生活を
送ることができます。活かすというより色を楽しむ生活かな。

何故なら、カラーコーディネターの仕事のほとんどは
私達の生活に関わることが多いからです。


カラーコーディネートの知識をどのように
家庭で活用出来るか見てみましょう。


まずはなんと言ってもファッションです。多くの女性は(男性も?)
自分を美しく見せたり、夫や我が子の雰囲気を良くみせたい
思っていますよね。
そこで試験で培ったパーソナルカラーの知識を使って
個人や家族に合った色を診断してみましょう。
そしてそれぞれに合った色で上手くコーディネートしていけば、
今までと違った雰囲気を
醸し出すことができるでしょう。


また家の模様替えでもカラーによって大きく変えることができます。
たとえば子供の部屋、どうせなら勉強に集中出来る色を
取り入れたいのが親心でしょうか(笑)
赤ちゃんの部屋だったら安心感のある部屋にしたいですね、
暖かい色を取り入れたりして下さい。

手っ取り早く室内の雰囲気を帰るなら電球の色を変えたりするのも
面白いかもしれません。


他にも食事などにもカラーを上手く利用する事ができます。
料理本って写真だけなのに美味しそうに見える料理がありませんか。
人間ってホント不思議な生き物ですよね、
写真からは味や匂いもしないのになぜ美味しそうに
感じてしまうんでしょうね。
お分かりの通りそれには色が関係しているわけです。

一つ例をあげると、子供ははケチャップが好きな子が多いです。
赤は食欲をそそる色とも考えられているのでケチャップが好きだと
言われます。(断定は出来ませんが)
食が進まない子供にケチャップライスやミートソーススパゲティを作ってあげると
美味しそうに食べてくれる時があります。

料理は彩り(見た目)一つで食べる側の気分が全く変ってしまいます。
よくお弁当箱の中身もいろんな色が合った方がいいと言われますね。


このようにカラーコーディネーター試験を受験すると、スキルアップや仕事を
探す為だけでなく私達の生活に彩りをくれます。資格の取得に拘らなくても
その過程で切り拓ける未来はいろいろあるという事です。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

カラーコーディネータの資格ってどう活かせるの?

人間くらいではないでしょうか?カラー(色)に対して感情が動く動物は。
(闘牛が赤色に反応するというのはウソのようですよ!)

暖色・寒色という言葉があります。
その色に囲まれているだけで五感が刺激されるわけです。
実際にサーモグラフィー(熱分布)で観測すると暖色の部屋にいると
体温が上がる、という実験結果も出ています。
赤いパンツを履くのも同じ効果があるようです。

そんな「色」に魅せられた人が
カラーコーディネーターになりたい」と
思うのかもしれません。

カラーコーディネーターという職種は多くの人に認知されています。
想像力が要求されるカラーコーディネーター
特に女性に人気があります。
実務で活かそうと考える人もいれば、趣味の延長戦上で
資格取得の受験をする人もいます。

カラーの勉強は大好きだけど、どのような仕事があるのか、
どのように仕事に活かせるのか分らない人も多いと思います。

カラーコーディネーターの資格を取得した後、
どのように仕事に活かせるのか簡単に紹介します。


先ずはカラーマーケティングの仕事です。
カラーマーケティングなんてカッコイイ響ですね!
カラーが好きなあなたなら色によって印象が変わる事は
すでにご存知だと思います。
カラーマーケティングの仕事は多岐に渡ります。
企業のイメージカラーはもちろんのこと、商品開発や
広告などにマーケティング効果のある色を使って
顧客の購買意欲を刺激します。

こう書かれると普段は色を意識していない人も
「そういえばあの広告の色使いが好きだなぁ」と
思い当たる節があるのではないでしょうか。

カラーアナリスト(色の分析家)というお仕事もあります。
お客さん1人1人に合う色の診断を行いアドバイスをする
仕事です。
パーソナルカラー診断なども行って詳しく診断します。
このお仕事はカラーコーディネーターのお仕事の
1つとも言われていますね。
やはり顧客は圧倒的に女性が多いです。

そしてカラースクールの講師として独立あるいは
副業として活躍する事も可能です。
名前の通りカラーの学校などに通っている生徒達に
教科書を通して今まであなたが習った事を
教えてあげる事です。
各自治体で行っている文化振興の教室で
カラーを教えたりする人もいます。


教えると言うと、他にはカラーコーディネーターの通信教育など、
受講者の質問に答えたり、採点をしたりします。
こちらはどちらかという補佐ですね。

カラーセラピストも人気があるのではないでしょうか。
現在アロマセラピーや音楽セラピーが注目されていますよね、
今後カラーセラピーも注目される事が予想されます。
色の心理的効果や波長などを利用して癒してくれるお仕事で、
有名なのがオーラソーマやカラーパンクチャーなどがあります。


冒頭でも書きましたがカラーコーディネータは知識よりも
感性が必要です
その感性をどう仕事に活かせるかは、想像力次第では
ないでしょうか?だからこそ面白い資格かもしれません。

例えばネットサーフィンをしていると、
「このホームページ、もっとこうした色使いをしたら
興味が湧くのに」と見て見れば、
ホームページカラーアドバイザーと名乗って仕事をしてみる
事だって考えられませんか?

このようにきっとあなたに合った仕事を探せると思うので、
カラーコーディネーターを単なる趣味目的だけでなく
一生使えるスキルとして考えれば、受験への意欲も
変ってくるのではないでしょうか?
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
 | BLOG TOP | 

最新記事

ランキング参加中

カテゴリ

介護の資格 (12)
秘書検定 (7)
医療系資格 (14)
ユニークな資格 (15)
管理人雑記 (31)
カラーコーディネーター (5)
スキルアップ (12)
資格(その他) (14)
エステシャン (5)
検定 (12)
講座 (10)
美容師 (1)
福祉系 (3)
放送作家 (1)
リフレクソロジー (1)
消費生活アドバイザー (1)
日本語教師 (1)
お金の教養講座 (4)
家電製品アドバイザー (1)
食生活アドバイザー (1)
もしもチャレンジ (1)
動物系 (1)
本の紹介 (1)
独立系 (5)
獣医師 (1)
ゴルフインストラクター (1)
スポーツプログラマー (1)
検定情報 (1)
ドッグセラピスト (1)
POP広告クリエイター (1)
ネーミングライター (1)
小型船舶操縦士 (1)
セミナー紹介 (1)
ケアマネージャー (1)
消防設備士 (1)
公認会計士 (1)
社会保険労務士 (1)
ファイナンシャル・プランナー (3)
IT資格 (3)
コミュニケーション能力 (2)
通販エキスパート検定 (1)
美術検定 (1)
資格ランキング (7)
合宿免許 (2)
保育士 (0)
学びたい語学 (1)
片づけコンサルタント (1)
バク転講座 (1)
子どもの習い事 (1)
恋愛アナリスト (1)
歯科医療事務管理士 (1)
太陽光発電アドバイザー (1)
ダイエットマスター (1)
モチベーション・マネジャー (1)
マイスター (1)
職人 (1)
天文宇宙検定 (1)
ネットショップマスター (1)
行政書士 (1)
認定病児保育スペシャリスト (1)
アプリ開発 (1)
庭園管理士 (0)

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク登録はコチラ

就職・転職情報

人気記事ランキング

アクセスランキング


Ferretアクセス解析

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。